過払い金のことを勉強する

>

相談は早めが大事

迅速に相談する

一般的に、過払い金を請求することができるのは借金をしてから10年以内だと言われています。
返済していた場合でもまだ返済している途中でも、10年を経過していた場合はお金を取り戻すのが非常に難しくなります。
逆に言うと、10年が経過していない段階だったら取り戻せる可能性が高いという意味になります。

弁護士に過払い金のことを相談した時は、手数料や着手金などが発生します。
返済が終了している人は、着手金が無料になる弁護士事務所があるのでそこに相談すると良いでしょう。
過払い金が戻ってくるのは嬉しいですが、代わりに弁護士に支払う料金が高額になったら意味がないと思います。
弁護士の費用も計算してから、誰に相談するのか決めましょう。


請求できない場合

残念ですが、過払い金を請求できないパターンもいくつか存在しています。
まずは、請求できる期間を過ぎている場合です。
10年以上前に金融機関からお金を借りていた人は、期間が過ぎている可能性が高いです。
今すぐにでも相談した方が良いので、過払い金のことに強い弁護士を見つけてください。

もう1つは、お金を借りた金融機関が倒産して存在していない時です。
その場合は弁護士に相談しても、過払い金を取り戻すことはほとんど不可能だと考えて良いでしょう。
様々なパターンによって、結果が変わります。
勝手に判断しないで、専門家の意見を聞いた方が良いです。
過払い金を取り戻すのが難しい状態でも、詳しい弁護士に力を貸してもらえば請求できるかもしれません。


この記事をシェアする